top of page

不登校でも、そうじゃなくても、いいんだよ

今日は子供の通院でした。


待ち時間が長いことを予想して

時間つぶしに本を持っていきました。


書籍 「いいんだよ」は魔法の言葉 君は君のままでいい
不登校の子どもたちが安心して不登校でいられる学校 立花高等学校

この本の存在は知っていて

そのうち読みたいなぁと思っていたら

息子の担任の先生も読んだことがあるって聞いて。

しかも、「泣きながら読みました」って言われちゃったら、益々気になるじゃないですか😁


即、図書館に借りに行きました!


で、病院の待合室で読んでたんだけど…


話が始まって6ページくらいで、涙腺が😭。

箱ティッシュがないとダメな本じゃん💦


なので、続きは自宅で読むことにしました。



この本は

福岡県の単位制高校、立花高等学校の話。



読みながら『フレーミング』って言葉が浮かびました。



一年間で30日しか、学校に行っていない。

一年間で30日も、学校に行った。


同じ事実でも見る角度を変えると感じ方がかわる事を

心理学用語で『フレーミング』といいます。


(幼稚園児の絵も

豪華なフレーム(額)に入れると、巨匠の絵のように見えたりしますよね。)



立花高校は


できていないこと

より

できていること


に、目を向けて、多様性を大事にしてきたそうです。


学校に行ってる子も頑張ってる。

学校に行ってない子も頑張ってる。


不登校でも

五月雨登校でも

保健室登校でも

ただ、息をしているだけでも


皆、がんばってる。


見守っているお母さんも頑張っている。

(見守るって、大変!)


そんな頑張ってきたのに人達に

「あなたはあなたで、いいんだよ」


って、私も言い続けたい😊


では、箱ティッシュを側において

本の続きを読みます!



書籍 「いいんだよ」は魔法の言葉 君は君のままでいい
不登校の子どもたちが安心して不登校でいられる学校 立花高等学校


Comentarios


Blog

bottom of page