top of page

何で何で?と、掘り下げて

朝、子供たちが登校した後

主人とコーヒーを飲みながら、お喋り。

内容は今日の予定だったり、子供たちのことだったり。

その話の延長で、主人が営業が苦手だという話題に。



私「何で苦手なの?」


彼「怪しい人って思われたくない」


私「何で思われたくないの?」



さあ、感情を掘り下げていくぞお!

何で何で攻撃、開始!(笑)



彼「真面目って思われたいのかな?」


私「何で?」


彼「う~ん、何でかなあ」


私「じゃあ、『真面目』を他の言葉に置き換えてみたら?」


彼「ちゃんとしてるって、思われたいじゃん。…あっ‼」




そこまで掘り下げたら、子供の頃の感情を思い出したそうです。




”お父さんお母さん、僕、ちゃんとしてるよ”


”お手伝いしてるよ、いい子にしてるよ”


“ちゃんとしてる”と、褒められる。


“ちゃんとしてない”と、愛されない。




その思い込みに気がついて、主人は目をまん丸にしてました。

日頃の言動で、上手くいかなかった事が、そのことと結びついたようです。

ちゃんとしてなくても、ちゃんと愛されてるのにね。



「何で何で?」、は

私自身が自分に良く問いかけます。


何で、嫌なの?

何で、腹が立つの?

何で、悲しいの?


そうやって、自分の感情を掘り下げて行くと

過去の自分の思い込みや

違う感情(腹が立つのは羨ましいからとか、構って欲しいからとか)が出てきます。


思い込んでた過去の自分に

「大丈夫だよ」て、よしよししてあげます。


そうすると、気持ちが楽になって

以前なら悲しくなる場面に遭遇しても


「あー、私はこの人に構って欲しかったんだな。でもこの人に構われなくても、私の友人は他にもいるから、大丈夫!」


て、思えるようになってきました。

でもこの作業、蓋をしていたい感情にぶつかることがあるので、

つらく感じたり、やりたくなかったりすることもあります。


上手く行かなかったら、また今度チャレンジ。今はタイミングではないんだろうな。


そのぐらいの気楽さでしています♪




主人の両親も完璧な子供を求めていたわけじゃないんたろうけど


主人が持ってしまった思い込みを、書き換えるタイミングを逃したのか。

または思い込みが強すぎたのか。その両方か。



でもまあ

気づけたから、結果オーライ!




今日すごくいい天気♪


主人にとっては出張日和☀

今日の主人は、昨日までと違うはず!(多分(笑))


だって私が

「ちゃんとしてなくても、あなたは大丈夫よ♪」って、よしよしヾ(・ω・`)したから(笑)。



主人が帰って来たら、また一緒にコーヒー飲むのが楽しみです。

コーヒーに合う美味しいお土産は、なんだろな♪







Comentários


Blog

bottom of page