top of page

周りのお母さんの目



先日、起業しているママさんとお話ししてきました。


やってみたいイベントのお話しや集客方法だけでなく


その商品を誰に届けたいか

誰を助けたいか

それは、どうしてか


そんな熱い想いに触れて

泣き虫な私は

感激してウルウル😭✨。



その中で彼女の心に引っかかっていたのは

子供の顔写真をSNSに投稿することへの抵抗。


最初は防犯上のことを心配している感じに話していたんだけど


話している途中

「あ…分かった…周りのお母さん達の目が気になるんだ」


“子供を仕事のだしにしてる”

“子どもに何かあったらどうするの”

“親なら子供をちゃんと守らなきゃ”


そんな、声を想像してしまう自分に気が付いたそうです。


私「うんうん。何で他のお母さん達がきになるの?」


と、聞くと、


彼女の心のシャッターが


ガラガラガラガラ、と閉まっていきました。




いや、彼女、すごい笑顔だったんだけどね。


怒ったり泣いたり、嫌な顔なんてしてないんだけどね。




彼女、笑いながら

「パンドラの箱があった!」


って言ったの。

そこにはまだ触れたくないみたい。


こじ開けられたって、嬉しくない。

その扉をあけるかどうかを決めるのは自分自身。


箱を開けず、背負って生きる人生も間違いじゃない。


彼女には


「開けたくなったら、手伝うよー😊」


と伝えて、この話は終わり。




ほとんどの人が

彼女の言うパンドラの箱を持ってて


蓋をして生きているのだけど


何か新しいことを始めようとしたり、

家族がふえたとか、

子供の進学とか不登校とか、

夫の退職、転職

親の介護、同居、等々




そんな時にパンドラの箱がずしんと重くのしかかる。


その箱の重さがつらくなったり

少しでも軽くしたいと思ったら


どうか、私のことを思い出してね。



心の傷を隠す箱を、ギフトボックスにするかどうかは、あなたの次第

パンドラの箱をギフトにするかは

あなたの次第。


あなたのタイミングで。



待ってるよー😊


Comments


Blog

bottom of page