top of page

起立性調節障害

不登校(登校しぶり)カウンセラーの

中多久美子です(^-^)


朝食に

久しぶりに🍙を作りました。



高1娘が

起立性調節障害を発症した

中学2年の頃は


娘に毎日作っていました。




昼頃起きてくる娘に


「何食べたい?」


と、聞くと


不機嫌そうな、ボーッとした顔で


「おにぎり。梅干入りの。海苔巻いて。

絶対、手で握って!」


まぁ、注文が多い😅


🍙ぐらい、自分で作ったら、と言うと


「だって、自分で作ったら美味しくないもん」


確かに、私も子供の頃、母が手で握った🍙を


『何でこんなに美味しいんだろう✨』


と、感動しながら食べていました。


🍙を食べながら、少しづつ目が覚めてくる娘が


「人生最後の晩餐は、お母さんが作った🍙が食べたい♪」


と、言い出し、何て安上がりな娘だと、大笑いしましたが


本当はすごく嬉しくて


でも、それは叶えてあげたくなくて


おそらく、叶えてあげれない事を想像して


心の中で


『ごめんね』


と思ったら、なんだか泣きそうになってしまいました。


数年たった今でも

🍙を見るたびに

このやり取りを思い出します。


私の大切な思い出の1つです。



不登校に限らず、お子さまの事でお悩みの方、一緒にお話ししませんか?


親として何ができるか、どんな対応が良いのか、見つけていきましょう(^^)

Comentários


Blog

bottom of page