top of page

20歳の息子の事





年末

私は風邪をひいて寝込んでいたのですが


布団の中で

年明けに成人式を迎える

大学生の長男の事を思い出していました。









一人暮らしをしている長男が

20歳の誕生日を過ぎた頃に、私の携帯に電話をかけてきました。


友達と一緒のようで、賑やかな雰囲気の中で

ちょっとテンションの高い長男の


「あ、お母さん♪」の声に


なんだなんだ?

罰ゲームか何かで電話してきた?


長男からの連絡は


「迎えに来てー」

「お金貸してー」


と、○○してー、の催促がほとんど。


今回は何を催促されるかのかと


「えっ?なにー?」と、ぶっきらぼうに聞いたら



息子

「あー、いつもありがとう♡」



と、照れくさそうな長男の声。





突然の涙腺への攻撃に、涙がダバー😭✨



息子

「お母さん、大好きだよ♡」



涙、ダバダバダバー😭😭😭😭😭✨✨✨✨✨


電話の向こうからは、友達からの歓声と拍手👏


お母さんも大好きだよぉー😭✨。




と、

そんなやり取りをしたことを

年末の高熱の中、思い出していました🤧。





息子は本当に手のかかる子で

沢山悩んで、迷って、人に相談して、怒ったり、泣いたり…



私の精神状態が良くなかったのか

息子のかわいい盛りの幼児期の記憶が、あまりありません。


高熱の中、ぱっと思い出せたのは



私に𠮟られて

ぶすっとしている、小さな息子の事。



その顔を思い出して

申し訳ない気持ちでいっぱいになると



少しずつ、少しずつ…



息子が生まれた時の感動や

可愛かった笑顔や

私の膝に抱き着いてきた事や

私を励ましてくれた事

妹弟を心配して本気で怒ってくれた事

高校最後のお弁当の日、空のお弁当箱を「ありがとう」と言って持って来てくれた事



息子との20年間が


ゆっくりゆっくり


思い出されて


涙が止まらなくなりました。




あーあ、育っちゃったよ。

子育て、終わっちゃったよ。

さみしいよー😭。



いつ終わるか分からない子育ては

不安で、辛くて、不自由で。


そんな風に思っていた長男の育児。


二度と戻りたくないと思っていたのに

もう一度やり直したい。



もし、やり直せるなら


「お母さんは、あなたのことが大好きだよ!」


って毎日伝えたい。



社会に出て

くじけそうな時に

立ち向かったり、そこから逃げ出したり


その判断と行動ができる原動力になる言葉を



いっぱい、いっぱい、言ってあげたい!




熱で朦朧とする頭で

そんなとこを思ってました。




20歳の誕生日にかかってきた電話のことを思うと


私の愛情は伝わっているのかもしれない。


けど

こんなに後悔するってことは


私が、自分が、

満足するほど伝えきれていないんだと思う。


もっともっと、伝えておけば良かった。




そんな考えが暫くぐるぐると頭の中を回っていると



だんだん


後悔と一緒に



自分がどんなに息子の事を大事に思っていたかを自覚してきて



そんな大切な存在がいることが

たまらなく嬉しくて



今度は幸せの涙がポロポロ溢れてきました😭。




私、よく頑張ったって、自分を褒めてあげたくなりました。



抱っこもおんぶもできないほど

大きく育っちゃったし

手をかけて、目を離さないで、って時期も過ぎちゃったけど



たまーに帰ってきて

ちょっとわがまま言って

ご飯がおいしーってもりもり食べて

何も言わずリビングでゴロゴロして


ふらっと帰って来た時と同じように

ふらっとアパートに戻っていく。




この距離感が

今はとても心地よくて、幸せなんです😊。


意外と心の距離は近いんじゃないかって

勝手に思って、満足しています😊




長男よ



私を鍛えてくれてありがとう。

私を母にしてくれてありがとう。

20年間の全てが幸せな思い出です。



これからも見守らせてね♪



そして年明け

解熱後も体力落ちて、ふらふら😵



長女、次男、三男の育児を楽しむためにも


長男に

「お母さん年だね😁」と笑われないためにも

(長男なら言いかねない😅)



今年は体力作りも、頑張ります😊!






Commentaires


Blog

bottom of page